何故生える?白髪の生えるメカニズム

パントガール購入ボタン

何故生える?白髪の生えるメカニズム

白髪

白髪って嫌ですよね。生えてきたらできるだけ隠したい…というか生えなくしたい!というのが多くの方の本音でしょう。
まぁ、敢えて隠さない人もいますけどね。(芸能人でいうと、塚本高史さんや瑛太さんは若白髪をあらわにしていますよね。)

塚本高史と瑛太

さて、女性に白髪が増えるのは40代からだといわれています。身体機能の老化のひとつとされていますが、その仕組のほとんどは医学的に解明されていません。そのため、予防も難しい白髪。では、白髪の生えるメカニズムと、対策をご紹介します。

毛乳頭には毛細血管や神経があり、その周りには毛母細胞があります。毛母細胞の周りには、髪の毛の色を決める色素形成細胞 メラノサイトがあり、そこでメラニン色素をつくっています。生成されたメラニン色素はコルテックスに運ばれ、髪に色がつきます。加齢や病気を原因にメラノサイトが減ると、当然ながらメラニン色素も少なくなり、髪の色素も薄まります。これが白髪となるのです。

白髪になるメカニズム

それでは、白髪になってしまうパターンをいくつかご紹介しましょう。

髪が白髪になる3つのパターン

髪が生え変わるときに白くなる

メラノサイトが加齢などで衰えると、髪の毛が生え変わるときに毛母細胞からなくなってしまいます。

成長期の途中で徐々に白くなる

メラノサイトの活動が加齢などで衰えると、徐々に髪の毛の色素が少なくなっていきます。

突然白くなる

病気などで、メラノサイトが急に活動しなくなると、突然白くなります。

また、あまり解明されていない白くなる原因について、次のようなことが分かっています。

髪が白髪になる原因

遺伝

解明されていない部分が多いですが、白髪になりやすい体質、なりにくい体質が遺伝により決まることがあります。

病気

白髪が増える原因として、マラリア、胃腸疾患、甲状腺以上、貧血症などの病気があります。また、白斑ができるとその部分が白髪になったりもします。

栄養状態

内臓のはたらきが弱まり、血流量が減少すると白髪になることがあります。これはビタミン、ミネラル、良質のタンパク質といった栄養素が不足すると起きる症状です。

ストレスや精神状態

白髪が多いのは苦労をしているから?実はこれはあまり間違っていないようです。ストレスのかかった身体は毛細血管が収縮し、毛母細胞のはたらきが弱まっています。しかしながら「一夜で頭が真っ白に」というのは迷信で、黒髪からある日突白髪だらけになることはありません。

では、白髪を減らすにはどうしたらいいのでしょうか?
まずは、前述の原因(遺伝意外)を解消することです。それに、目立つからという理由で白髪の抜くのはよくありません。新たに黒い髪が生えてるく保証がないと同時に、毛穴を傷める恐れがあるからです。

また、簡単に始められる白髪対策として毎日やってほしいのが「頭皮マッサージ」「髪に必要な栄養素の補給」です。
頭皮マッサージの効果は、毛根を刺激し血行を良くすることにあります。

そして、栄養の補給にはやっぱりパントガール。

⇒パントガールの白髪予防効果

笑顔の女性

1カプセルに20mgのケラチンや、パントテン酸、ビタミン類が、あなたの白髪対策を力強くサポートします。


  • 投稿日: 2014年06月12日
  • カテゴリー:
  • タグ: