紫外線と頭皮のダメージ

パントガール購入ボタン

紫外線と頭皮のダメージ

紫外線

冬から春にかけて量が増えていく紫外線。この時期からスキンケアを始める女性も多いことと思いますが、頭皮はケアできていますか?実は頭皮は一年を通してかなりの量の紫外線を浴びています。

紫外線による老化現象

紫外線は肌の奥まで侵入すると、次々と細胞を破壊し、実年齢とは関係ない老化を進行させます。これを光老化といいますが、この言葉に馴染みがなくても、紫外線がシミをつくることはご存知でしょう。最近では若い人でも肌に日焼け止めクリームを塗り、紫外線対策に励んでいる人が増えています。

しかし、紫外線を最も浴びているのは、肌ではなく頭皮で、光老化がとても起こりやすくなっています。普段髪の毛に覆われているので、あまり効き的に感じる人がいないようなのですが、頭皮はいつも太陽の光を直接浴びています。

光老化と髪

さて、紫外線を浴びた髪にはどのような変化が起こるのでしょうか。

まず、毛髪内部のメラニンが分解されるため、髪全体が赤茶けた色になってしまいます。こうなると、光の加減で白っぽく見えてしまったり、見た目にも不健康で老けた印象になります。また、髪の内部ではシステインという毛髪のタンパク質の構成素にもダメージが及び、枝毛や切れ毛といった症状を引き起こします。

頭皮のダメージ

紫外線は髪はもちろん、頭皮にも深刻な影響を及ぼします。髪は色がかわったりする見た目や、パサつく手触りで、それなりにダメージを察知することができます。しかし、頭皮はそうもいかず、特に赤くなったりヒリヒリしたりしない限り、紫外線によるダメージに気づくことができません。恐ろしいことに、頭皮では知らず知らずの間に日々細胞が破壊されている可能性があります。

万一、紫外線の影響で髪をつくるもとである毛母細胞がはたらかなくなると、脱毛が増えるだけでなく、新しい髪がつくられなくなってしまいます。それに、紫外線には髪の毛を色づける細胞を破壊し、白髪を発生させてしまうこともあります。

紫外線を浴びる女性

頭皮は髪を育てるための大切な土台です。頭皮のダメージはひいては髪のダメージ。日頃から肌と同じように紫外線対策をすることが大切です。

飲む日焼け止めで、紫外線をブロック

話題の飲む日焼け止めで、カラダの内側から紫外線をブロックできます。頭皮の紫外線対策としては、帽子を被ったり、スプレータイプの日焼け止めを振りかけたりというのが、今までの方法ですが、飲む日焼け止めを飲めば、そういったことをしなくとも紫外線を防御することができます。

その中でも『ヘリケア ウルトラD』は皮膚科医からも推奨されており、世界50ヵ国以上で用いられています。

天然成分からできたサプリメントで副作用もなく頭皮だけでなく、全身を紫外線の害から守ってくれます。

ヘリオケア ウルトラD