紫外線対策・日焼け対策がいちばんだけど、頭皮の日焼けしてしまったときのケア方法

パントガール購入ボタン

紫外線対策・日焼け対策がいちばんだけど、頭皮の日焼けしてしまったときのケア方法

日焼け対策がいちばん

夏も本番に近づいてきた今日この頃、頭皮の日焼け対策は万全でしょうか?
もちろん予防がいちばんなのですが、それでもうっかり日焼けしてしまうことってありますよね。
特に、普段から日焼け対策とは縁遠い男性ですと、頭皮が日焼けしてしまうことが多いようです。

女性でも、外出のたびに日傘を持ち歩いているという方がどれくらいいらっしゃるでしょうか。

日傘

これもなかなか習慣づけるのが難しかったりしますよね。

短時間だし大丈夫!と思っていたら大間違い!
何も対策をせず無防備なまま炎天下にいると、必ず頭皮は日焼けしています。

今回は、ちょっと油断したばかりに頭皮が赤い状態に(/_;)という方のために、日焼けしてしまった頭皮のケア方法をレクチャーします。

日焼けしやすい季節と時間帯

日焼けのしやすさ=紫外線の強さは、季節や時間帯でかなり変わってきます。
季節でいうと、6月~9月の紫外線が最も強く、時間帯であれば午前10時~午後2時が最も危険です。

そして紫外線の一部はガラスを透過するので、屋内でも強い紫外線を浴びてしまう可能性が十分あります。
また、曇りの日であっても、晴天時の8割ほどの紫外線が降り注いでいるので注意が必要です。

最近では、ヘリオケアという飲む日焼け止めという画期的な商品の登場により、体の内側から日焼け対策を行うことができるようになりました。これによって頭皮も含め全身を紫外線ができる!世界的なシェアもあり、日本でも雑誌で取りあげられるようになり、皮膚科や美容クリニックでも飛ぶように売れているのだとか。頭皮の日焼け対策は取りにくいものでしたが、これがあればできてしまいますので、イチオシです!もちろんお肌の紫外線対策にもなるので、美白肌も手に入るので女子力アップには必須の商品かもしれません。飲む日焼け止め ヘリオケア

日焼けした頭皮のケア方法

身体が日焼けして、かゆみや痛み、赤みの症状が出たという経験はありませんか?
頭皮の日焼けにも同様の症状があらわれます。よって処置方法も身体と同じです。

日焼けした頭皮のかゆみ、痛みはまさにやけどの状態になっています。
まずは冷たいタオルを当てたり、温度の低いシャワーをかけたりして、頭皮の温度を下げましょう。

タオルやシャワー

頭皮の温度が高いままだとかゆみが強く出ることがあるので、前述の処置によって皮膚を鎮静します。

抜け毛や薄毛に悩む方でなければ、こうして炎症が治まるのを待っていればOKです。
ただし、抜け毛や薄毛の対策が必要な方は日焼け後の処置が少し変わってきます。

日に焼けた頭皮は乾燥し放題なので、保湿をこころがけてください。
かゆみや痛みがすでにひいているのであれば、市販の化粧水を頭皮に塗布するのもおすすめ。
そしてまだかゆいし痛いという方は、抗炎症成分が配合されたローションをためしてみてください。

それでもかゆみ、痛みがひかず、膿やかさぶたが出るような場合は、すみやかに皮膚科を受診しましょう。

日焼けした頭皮のシャンプー方法

日焼けをした頭皮はかなり敏感になっているので、シャンプーにも気をつけねばなりません。

シャンプー剤の直づけは厳禁で、手のひらや、洗顔用の泡立てネットでしっかり泡立ててから頭皮を洗っていきます。

しっかり泡立てる

本来なら日焼けしていない頭皮にもこの泡立て洗髪を実施してほしいところです。そうすればシャンプーの原液が頭皮につくことがなく、すすぎ残しも予防できるので、頭皮への負担を軽減することができます。

そして守ってほしいのが、日焼けが完全に治まってしまうまでコンディショナーを使わないということです。
紫外線を浴びたあとは、頭皮だけではなく髪も乾燥しぱさぱさでしょう。しかしここでコンディショナーを使うのは頭皮に良くなりません。
やけどを起こした皮膚に薬以外のものをつけることは、極力避けねばならないのです。

頭皮が完全に元通りになるまでのヘアケアはできるだけシンプルに。
日焼けが痛みを伴う酷さであれば、最低でも痛みが消えるまではシャワーのみの洗髪にしてシャンプーの使用も控えるべきです。

日焼けした頭皮のための食事

日焼けした頭皮をより早く回復させるには、普段よりも栄養のバランスを意識した食事を摂る必要があります。

特に、意識して摂るべきなのがビタミンE、ビタミンA、ビタミンB群です。これらは血行改善や新陳代謝の活発化に効果のある栄養素です。

sunburn5

ここで、せっかく食事内容に気を付けても、その効果をマイナスにしてしまう嗜好品には注意してください。

タバコアルコール、コーヒーやスパイス類、香辛料といった刺激物の摂り過ぎは禁物です。