小顔&デカ目になれる!ブラッシングによる頭皮マッサージ

パントガール購入ボタン

小顔&デカ目になれる!ブラッシングによる頭皮マッサージ

smallface

アラサーになると気になってくるのがお顔のむくみとたるみ。これらは実は頭皮のコリが引き起こすものなんです。
コリの解消にはブラッシングがいちばん!簡単で効果のある頭皮ブラッシングについて解説していきます。

お顔のトラブルの原因は頭皮!?

顔のたるみは頭皮のたるみからくるものだといわれています。
皮膚は顔から頭皮へと1枚でつながっているので、頭皮の血行不良やゆるみが顔にも影響を及ぼすのです。
特に、頭皮のリンパの流れが悪くなると最悪で、顔がパンパンにむくみ、顔の輪郭が実際よりも大きく見えてしまいます。
さらに、おでこのしわをつくるのもこのむくみが原因となります。
女子としては避けたい状況ですよね。

効果抜群の頭皮マッサージ(ブラッシング)

何度も言いますが、頭皮と顔の肌はつながっています。そのため、頭皮を刺激することで顔のケアにもなります。頭皮の血行が良くなれば、顔の血行もよくなり、むくみが消えるので、おのずと目もパッチリと大きく見えるようになります。
むくみの酷い朝でも、ブラッシングするだけですっきりできると助かりますよね。
ブラッシングには、首や肩のコリを和らげたり、イライラの解消やリラックス効果もあります。
また、正しいブラッシングを続ければ、あごのたるみを解消することもできます。

シャンプー前の頭皮マッサージ(ブラッシング)

髪をほぐしてキレイにするだけでなく、お顔のケアにも役立つブラッシングですが、実はその効果を最大限に引き出すタイミングがあります。
それはお風呂に入る前の、髪が濡れていない状態のときです。
これがもし濡れた状態だと、キューティクルを傷めてしまいます。ブラッシングは髪が渇いた状態で行うのがベストなんです。
汚れを落とすことで、シャンプーの泡立ちをよくするという意味もあり、是非このシャンプー前のブラッシングをおすすめします。

頭皮ブラシの選び方

パドルブラシ(AVEDA),木柄頭皮ケアブラシ(無印良品)
芸能人にも愛用者の多いこのブラシは、大きくてブラッシングが簡単です。
この大きさで絶妙な圧をかけ、頭皮の血行をうながします。気持ち良すぎるブラッシングができるということで人気の一品です。
クッションブラシ
優しい刺激を与えるウッド・クッションが心地よく、静電気も少ないので髪にダメージを与えません。
頭皮ケアには最適なブラシといわれ、髪の毛をしっかりとらえるのもお手の物。
ウッド素材のものは目が粗いのもブラッシング向きです。

正しい頭皮ブラッシング

1.毛先をほぐす

ロングヘアの場合は毛先からブラッシングをはじめましょう。
毛先のもつれをとらずに上の方から無理にブラシを入れると、髪に負荷がかかり、切れ毛や枝毛ができやすくなります。

2.頭皮を全体的にブラッシング

気持ち良いと感じる強さで、上から下へブラッシングしていきます。

3.マッサージしながら

下から上へマッサージするようにブラッシングしていきます。
頭頂部に向かって行うことで、血行が促され、汚れも落ちやすくなります。

ロングヘアの場合は髪を持ち上げた状態で、下から上へと梳かすのがいいでしょう。首の付け根から始め、上へ向かって少しずつブラッシングすると、頭皮へ向かう血流が改善されます。

この1~3の動作を毎日続けるだけでお顔のたるみを防げます。
時間もかからず簡単なので、是非お風呂前の習慣にして、二重あごやたるみ知らずの小顔女子をめざしましょう!


  • 投稿日: 2014年07月23日
  • カテゴリー: