皮脂って大切!皮脂がつくる髪のツヤ

パントガール購入ボタン

皮脂って大切!皮脂がつくる髪のツヤ

多くの女性が薄毛の悩みを抱えている現代、薄毛の要因はさまざまです。頭皮ケアのCMなどでは皮脂ことが悪者であると言わんばかりに、いかに頭皮の皮脂を落とすかということを広告しています。でも本当に皮脂が悪者であるなら、入浴や洗髪の習慣がなかった時代の女性たちは、あのように黒く艶やかな髪をしていなかったはず。

平安美人の髪

皮脂の大切な役目

髪の細胞は事故修復機能を持たない「死んだ細胞」です。同じように、肌表皮の角質層も事故修復機能を持たず、よく似た性質を持っています。

肌では毛穴から分泌された皮脂が肌表面に皮脂膜をつくっています。頭皮でも同じく毛穴に通ずる皮脂腺から皮脂が分泌され、それが髪に届き、最終的には毛先までじわじわと行き渡るようになっています。このように、皮脂は肌にとっても髪にとってもバリアの役目を持っているんです。

ブラッシングで保湿とツヤ出し!?

ブラッシング

皮脂は髪の付け根で分泌されていますが、ブラッシングをすればこの天然の保湿剤を毛先まで運ぶことができます。皮脂でコーティングされた髪は守られ、美しいツヤもでてきます。ただし、ここで注意せねばならないのが、皮脂腺が頭部にかなり集中して存在していること。皮脂腺と言えば、顔の額や鼻に多くあるように思われがちですが、頭皮には額や鼻の3倍ほどの皮脂腺が分布しています。

このように頭皮には皮脂腺がたくさんあるので、分泌される皮脂の量もかなりのものです。皮脂そのものは外部の刺激から髪を守るバリアであり、髪にもツヤを持たせてくれる大切なものです。しかし、皮脂が頭皮に付着したままにしておくと酸化し、悪玉の物質に変化して頭皮を老化させてしまいます。

抜け毛、フケ、頭皮の臭いといったトラブルの解消のポイントは、皮脂分泌のコントロールです。皮脂を髪に浸透させつつも、酸化した皮脂は取り除くという作業を続ければ、健やかで美しい髪をつくることができます。


  • 投稿日: 2014年06月11日
  • カテゴリー: