海藻を食べたら髪が生える!?髪の迷信 その1

パントガール購入ボタン

海藻を食べたら髪が生える!?髪の迷信 その1

ワカメ

コンブやワカメは髪に良いのか

「コンブやワカメを食べると、髪の毛が丈夫になり、黒々としてくる。」

さて、このようなことを言い出したのはどこの誰なのでしょうか…。

まことしやかに伝えられているこの情報、中には信じておられる方もいらっしゃることでしょう。
コンブ、ワカメ、あとヒジキも「髪にいい」って言われますよね。

そう言われて、今まで何となく信じていたという方も多いようですが、果たしてこの説に科学的な根拠はあるのでしょうか。

子役の芦田愛菜ちゃんもコンブが大好物です。確かに彼女の髪はきれいですが…、ちょっと若すぎるのであまり参考にならないですね。

芦田愛菜

コンブなどの海藻類にはヨードやミネラルが含まれます。これらが髪に良いということから派生した話のようですね。

確かにヨードもミネラルも髪をつくるときには必要な成分です。でも、これらを摂ったからといって髪の毛に変化があるわけではありません。

おそらく、コンブやワカメの色や見た目の印象が豊かな髪を連想させ、このような迷信が生まれたのでしょう。

○○を食べたら髪の毛が丈夫に!という、単品だけを食べていたらいいという発想は危険です。
丈夫な髪をキープするには、日頃からいろいろな食べ物をバランスよく食べるように気を付けねばなりません。

例えば、極端に食事量を減らすダイエットで栄養失調になれば、いちばんにダメージを受けるのは髪の毛です。

成長期にある髪に障害をきたし、髪の脱色や脱毛が起こります。
髪の毛の色を決めるのは、毛母メラノサイトがつくっているメラニン色素です。これが飢餓状態になると、フェニールアラニン、チロシンといったメラニンの材料が不足し、つくられるメラニンの量も激減します。こうして髪が脱色するのです。

栄養障害で起こる脱色や脱毛は、栄養状態が改善されれば元通りにあります。栄養のバランスを考えて適量の食事を摂ることは、髪の健康を守るだけでなく、生活習慣病を防ぐことにもつながります。

食事

身体の不調から脱毛が起こることも多々あるので、そうならないために食生活は重要なキーポイントとなります。


  • 投稿日: 2014年06月13日
  • カテゴリー: 育毛
  • タグ: