頭皮ニキビの原因と対処法

パントガール購入ボタン

頭皮ニキビの原因と対処法

pimple

頭皮頭皮ニキビの原因はなに?

シャンプーのときなどに気づく、頭皮ニキビ。普段は髪の毛で隠れる部分なので気づきにくく、気づいたころにはかなり大きくなっていたりします。
それに、最後まで存在に気づかずに潰してしまっていたという経験のある人もいるでしょう。

ニキビ自体は赤みや熱をもっていたり、痛かったりするので、本当に厄介ですよね。

ではこうした頭皮ニキビはなぜできるのでしょうか。

ニキビができるのは、毛穴付近のターンオーバーの乱れなどが原因です。肌に角質が残り毛穴がふさがった状態が続くのが引き金となります。

詰まった毛穴からは皮膚表面に皮脂が溜まりすぎてしまします。この状態から毛穴にアクネ菌が繁殖すると、ニキビとして肌に炎症ができていくのです。

ではターンオーバーが正常でなくなるのは何が原因なのでしょうか。
それは主に、知らず知らずの間に皮膚を刺激してしまっていたり、ストレスでホルモンバランスが崩れていたり、睡眠不足で細胞生成のはたらきが弱っていることなどが考えられます。
よって、もしニキビができてしまったときは、日頃の生活を見直した上で対策をとる必要があります。

顔のニキビとは違うもの?

頭皮と違い、顔にできたニキビは当然のように目につきます。女子のみなさんはニキビができないように日頃からケアを行われていることでしょう。しかし、頭皮にできるものは大部分が髪の毛が隠れてしまうのでそこまで気にしない人も多いようです。

でも頭皮だって大切な肌の一部です。しかも同じ1枚の皮膚を共有しているため、頭皮は顔と同じくらいデリケートにできています。さらには、顔よりもずっと毛穴の数が多くて密集しているので、皮脂の分泌量も多くなっています。ニキビのできやすさでいうと、顔より頭皮の方ができやすいということになります。

日頃から顔のべたつきの気になる肌はオイリー肌なので、頭皮ではもっと皮脂の出ている可能性がありあす。だからといってシャンプーの回数を増やせばいいといものでもありません。

回数はいつも通りでいいので、髪の毛そのものよりも頭皮の洗浄を重視したシャンプーを行うようにしましょう。

頭皮ニキビが治らない!どうしたらいいの?

もし、頭皮にニキビを見つけたら、間違ってもその手で潰してしまってはいけません。目に見えるニキビと違い、気になって手で触ってしまうこともあるでしょう。でも、手にはこの炎症を悪化させてしまう雑菌がたっぷりついています。ですから、できるだけ触らないというだけでも、対処になります。

また、ヘアケア剤などの、髪に余分な油分をなじませるのは、頭皮ニキビが治ってしまうまで中断してください。これは頭皮にも余分な油分がついてしまうのを防部ためです。
そして見落としがちなのが毎日使う寝具の管理です。毎日使う枕カバーなどにも雑菌が繁殖している可能性があり、これは頭皮ニキビにもよくありません。皮膚にあたる場所は常に衛生面に気を使うことが大切なのです。


  • 投稿日: 2014年07月22日
  • カテゴリー:
  • タグ: