パントガールとパントスチンで薄毛改善!

パントガール購入ボタン

パントガールとパントスチンで薄毛改善!

パントガールとパントスチンで薄毛改善

薄毛治療クリニックで女性の薄毛治療薬として併せて処方されることの多い『パントガール』と『パントスチン』、それぞれ効くところが違います。その効果や使い方について詳しく説明していきます。

女性に多いびまん性脱毛症について

髪の毛が細く、コシが無くなり頭の髪の毛が広範囲に薄くなる女性特有の薄毛のことをびまん性脱毛症(女性男性型脱毛症)といいます。びまん性の脱毛症でみられる抜け毛は女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの働きが強くでてしまうことで起こります。

過剰に分泌された男性ホルモン抑え、女性ホルモンとのバランスを整えることで抜け毛や薄毛の症状を改善することができます。

女性ホルモンには毛髪の生成、成長を促進する作用がありあります。健康な髪の毛を保つためには重要な働きをしています。

育毛を促進するパントガール

パントガールには、発毛や健康的なコシのある髪の毛を作るために必要なタンパク質やアミノ酸やビタミンB類などの成分が特殊配合されています。髪の毛の生成、成長に重要な働きをする女性ホルモンに必要な成分でもあります。これらの成分は健康な髪の毛を作るためにも必要な成分です。

これらの有効成分によって弱っている毛根や毛髪に活力を与え育毛を促進します。パントガールの育毛効果は世界的にも認められており、安全性の高い女性用育毛サプリメントとして処方されています。日本の毛髪治療クリニックでもパントガールは処方されています。

抜け毛の抑制に効果的なパントスチン

抜け毛の起こる原因のひとつに男性ホルモンの影響があります。男性ホルモンは毛根を傷めつけてしまう働きがあるため男性ホルモンが多い人は抜け毛が多く薄毛になりやすいです。男性ホルモンは女性の体内にも存在しています。女性は通常女性ホルモンの方が活発に働いていますが、ストレスや加齢などにより女性ホルモンの分泌量が減少すると、男性ホルモンの働きが活発となり抜け毛が増加します。

抜け毛を増加させてしまう男性ホルモンの生成を抑制するのがパントスチンに配合されているアルファトラジオールです。

アルファトラジオールは5αリダクターゼという酵素を阻害し、男性ホルモンのテストステロンから脱毛の原因物質(ジヒドロテストステロン)へと変換されないようにします。脱毛原因物質の生成が減少することで、抜け毛も減少します。男性ホルモンが原因による抜け毛、薄毛対して効果を発揮します。

パントガールとパントスチンはそれぞれに違う効果を持ち、併用することで女性の薄毛をトータルにサポートすることができます。


  • 投稿日: 2017年01月1日
  • カテゴリー: 育毛, 薄毛
  • タグ: