女性のオス化でハゲに悩む女性が増加中!

パントガール購入ボタン

女性のオス化でハゲに悩む女性が増加中!

女性のオス化

近年、女性のオス化(男性化)が進んでいます。女性の生き方、女性の社会進出などひと昔前とはかわりました。男性の草食化が進むのと同時に女性ではオス化が進んでいます。か
その中で、女性のカラダにも変化が起き始めています。ハゲやヒゲといったものは男性がなるものだというイメージがありましたが、ここ最近、ハゲやヒゲに悩むオス化女性が増えているのです!

女性のオス化とホルモンバランス

女性のオス化は女性ホルモンのバランスが関係してくるといわれています。女性の社会進出が進むとともに仕事による過労やストレスを感じる女性が増えたこと、またダイエットによる偏食、不規則な生活など女性ホルモンのバランスを乱す生活が原因のひとつと言われています。

男性ホルモンは男性にだけ分泌されるわけではありません。女性のカラダでも分泌されています。女性のカラダでは、女性ホルモンと男性ホルモンがバランスをとって存在しています。しかし、これらのストレスやせ悪い生活習慣によって自律神経の調整機能がうまくはたらかなくなると女性ホルモンが減り、男性ホルモンの影響がでやすくなるようになります。また女性ホルモンは加齢とともに減少していくため加齢によってもホルモンバランスは乱れると言われています。

オス化がハゲ女子を増加させる!

女性がオス化すると男性ホルモンの分泌量が増えハゲを促進します。男性ホルモンによって起こる女性の薄毛のことをFAGA(女性男性型脱毛症)といいます。
男性ホルモンは、男性らしいカラダを作るホルモンで薄毛にも関係してきます。

男性の薄毛の原因の1つとして男性ホルモンのジヒドロテストステロンがあります。女性のオス化で男性ホルモンが優位になると女性もこの男性ホルモンの影響をうけハゲで悩む人が急激に増えてきています。女性のFAGA患者数は現在、1,5000人を超えると言われています。この数は5年前と比べて約4倍になります。それだけこの5年間で女性の生活スタイルにも変化あがあったことがうかがえます。

オス化でテストステロンが増える

男性ホルモンのテストステロンは、5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンというはホルモンに変化します。このホルモンは別名ハゲホルモンとも言われ、男性型脱毛症の原因となるホルモンです。

ジヒドロテストステロンは毛根にダメージを与え、髪の毛のヘアサイクルを乱し抜け毛を増加させます。また髪の毛を軟らかく細くしてしまうため薄毛を助長させる方向に働いてしまいます。

女性がオス化すると男性ホルモンの増加とともにこの薄毛を招くジヒドロテストステロンの量も増加しハゲやすくなります。といっても男性のようにハゲるわけではなく、女性の場合は全体的に薄くなるびまん性的脱毛症です。

FAGAはどうやったら治るの??

FAGAには男性ホルモンを抑える『パントスチン』で抜け毛を抑制し、育毛促進効果のある『パントガール』の2つの組み合わせが効果的です。

女性のハゲ化を促進するジヒドロテストステロンを抑制すること、女性ホルモンのバランスを整えることが大切です。
『パントスチン』には、過剰なジヒドロテストステロンを抑制し、抜け毛を改善・予防する作用があります。FAGAで悩む女性はこのホルモンを抑えることも大切です。こジヒドロテストステロンがコントロールされなければ薄毛治療もうまくいきません。FAGAによる薄毛にはパントガールに追加でしてパントスチンを使うことをお勧めします。