オイルマッサージで髪を生やす

パントガール購入ボタン

オイルマッサージで髪を生やす

頭皮マッサージ
健康な髪が生えるのは柔らかくてキレイな頭皮です。そこでやってほしいのが、シャンプー前のオイルマッサージ。血行を良くし、シャンプーで落としきれていない汚れをすっきり落とすことで、頭皮を健康な髪が生える「土壌」となっていきます。

頭皮を柔らかくキレイにする効果

頭皮のオイルマッサージの最大の目的は、油で汚れを落とすことです。また、時間をかけ丁寧にマッサージすることで、毛穴の汚れを落とすだけでなく、頭皮の血行促進や頭皮を柔らかくする効果も期待できます。

どんなオイルを使うのがベスト?

頭皮のオイルマッサージには、頭皮用のオイルが最適。「頭皮マッサージオイル」や「スキャルプオイル」と表示のあるものを使うのがいいです。もちろん、頭皮用ではないオイルでもマッサージは可能です。しかし、頭皮用ではないオイルだと、シャンプーで洗い流すのに時間がかかり、頭皮に負担をかけてしまう恐れがあります。こうしたオイルを選ぶコツは、「オレイン酸が少ないもの」を選ぶこと。ホホバオイルやヤシ油などが該当しますが、これらのオイルは水に溶けにくい性質を持っています。

よく、髪には椿油やオリーブ油がよいともてはやされますが、これらにはオレイン酸が80%以上含まれます。つまり、どちらかといえば、シャンプー後のケアにおすすめなオイルなのです。

オイルマッサージの方法

生え際、頭頂部、後頭部を中心に皮脂が気になる部分に施術していきます。まずマッサージの前にブラッシングして、髪の絡まりやほこりなどのゴミをとっておきます。髪や頭皮は濡らさず、手にとったオイルを頭皮につけ、なじませます。

頭皮の皮脂をオイルで溶かすようなイメージで、指の腹でマッサージしていくのがポイントです。このとき、頭皮を強くこすったり、マッサージに力を入れすぎないように気を付けましょう。前髪は額から後頭部へ、後頭部は下から上へ、といった感じで、髪の毛の流れに逆らってマッサージで、血行を促すことができます。

1.生え際
生え際は左右にクルクルと頭皮を動かすようにするのが効果的。指1本分ずつをずらし繰り返しながら、額から後頭部へと移動させていきます。
2.後頭部
こめかみから頭頂部にかけてをマッサージ。1.と同様指1本ずつずらす動きを繰り返し、こめかみから後頭部へ移動させます。
3.後頭部
首筋から後頭部、前頭部にかけてをマッサージ。1.2.と同様に移動させていきます。

それぞれのマッサージは何回ずつ繰り返してもOKです。目安は5分で、頭皮の柔らかさや気持ちよさを感じるまで行いましょう。さらに、頭皮にあるツボを押しながらマッサージするとより効果的です。

マッサージの後はお湯でよく流し、いつもより丁寧にシャンプーをします。泡で頭皮を優しく洗い、オイルやシャンプーが残らないよう、すすぎにも気を使います。

最後は毛先のみにコンディショナーやトリートメントをつけ、髪をいたわります。

オイルマッサージの頻度は週1回が理想です。頭皮の血行がよくなると、肩こりも改善されます。特に中居くんの頭皮ケアを徹底したいのであれば、月1回プロによる頭皮マッサージを受けることもおすすめです。リラックスとストレス解消でさらなる育毛効果が望めます。