えっ!?頭皮にカビ!?薄毛の原因に・・・

パントガール購入ボタン

えっ!?頭皮にカビ!?薄毛の原因に・・・

mold

その薄毛、原因は頭皮の「カビ」かも!!

「カビ」の正体と薄毛との関係

人は、食事やストレスにより「フケの原因菌」が増えると、菌そのものや菌による分解で生じる物質が刺激となり、頭皮にフケやかゆみが出ます。この菌は、マラセチアという皮膚の常在菌の一種で、これが原因で起こる脂漏性皮膚炎はアルコールによる肝機能障害、睡眠不足や栄養不足、ストレスなどの生活習慣で悪化しやすいことも知られています。

脂漏性皮膚炎と脱毛との関係も注目されており、特に男性の場合、脂漏性皮膚炎と脱毛症状を併発するケースも少なくありません。まだ因果関係は明確になっていませんが、脂漏性皮膚炎をともなう脱毛の場合、通常のフケ用シャンプーだけでは対処できないこともあるので、皮膚科などを受診して検査をしてもらう必要があります。

「腸」がカビの繁殖を防ぐのに有効なカギを握る

カビの繁殖を防ぐためには、それらに対する免疫機能を高めることも重要で、人間の免疫の約7割は「腸」が司っているのです。

幸福物質である「セロトニン」は、気分を安定させ憂鬱な気分を晴らします。このセロトニンは、脳などの中枢神経に存在しているのはわずか1~2%程で、残りの約90%は実は腸内に存在しています。

腸が正常に働いていないと、腸内細菌によって「腐敗」が発生します。腐敗物質は、腸内で有害物質に変わったり、さらには腸壁を介して体内に吸収され、さまざまな病気の原因になる可能性があります。

腸内の善玉菌を増やそう

女性には特に「腸内環境の改善」をする事は美容にも健康にも良く、まさにこれだけでも一石二鳥どころではありません。女性の薄毛の原因の多くは、ストレスや食生活の乱れ、無理なダイエット等によるホルモンバランスの乱れが挙げられますが、腸内環境を整える事で精神的な安定と老廃物が体外に排出されることによってお肌もキレイになり、免疫力も上がり病気に掛かりにくく先程もお伝えした通り薄毛の原因となる頭皮のカビの繁殖やそれによるトラブルを回避できるのです。

1番いいのは、やはり善玉菌である「ビフィズス菌」や「乳酸菌」を直接摂取する方法です。ヨーグルトや乳酸飲料、納豆や漬物といったものを毎日摂るようにするだけでもだいぶ違いますよ!手軽に摂取できる点も良いですね♪

その他には、オリゴ糖や食物繊維を摂取する方法や「温性食品」と呼ばれる主に冬が旬の根菜や香辛料・薬味などを摂る方法があります。

オリゴ糖や食物繊維は野菜類、果物類、豆類などに多く含まれています。消化・吸収されることなく大腸まで達し、善玉菌の栄養源となって増殖を促してくれるのです。ただし、オリゴ糖を急に摂取するとお腹を下したり、おながか張ったりすることがあります。初めは少しづつ摂取して体を慣らすようにしましょう。

温性食品は、根菜や香辛料・薬味意外にもマメ類やアジ・サバ・イワシ・エビ、鶏肉と羊肉などから取ることができます。温性食品を取る事が体を温めることに繋がり、それが腸内細菌の増加に繋がります。

髪には頭皮環境がとても重要!

美しく健康な髪を保つためには、「頭皮環境」はとても重要です。まず頭皮環境が良くなければ美しく健康な髪どころか様々な頭皮トラブルが生じ、最悪抜けて薄毛になってしまいます。腸内環境を整える事は、身体に悪い事は一切ないので、やる事で損する事はありません。寧ろ良い事だらけですので、カビやストレス等の頭皮環境に悪い要素を減らし薄毛にならないように予防、または既に薄毛の方は改善のため今日から早速腸内環境改善に努めてみては如何でしょうか?