猛暑で薄毛に!?汗が抜け毛を加速させる =その1=

パントガール購入ボタン

猛暑で薄毛に!?汗が抜け毛を加速させる =その1=

heatwave

暑い夏=汗をかきやすい季節ほど薄毛・抜け毛が進行する可能性が高いことをご存じでしょうか。汗がどんどん吹き出す勢いで髪まで抜け落ちて―――――なんてことはないのですが、汗は頭皮に悪影響を与えます。今回は汗と抜け毛の関係性や猛暑をのりきるヘアケアについて解説していきます。

汗の出るところ=毛穴は間違い!

ヒトが汗をかくのは体温を一定に保つためです。当然頭皮にも汗をかいています。しかし、多くの人が勘違いをしているのですが、汗は毛穴からではなく汗孔という別のところから出ています。よく「脂っこい食事のせいで毛穴から脂汗をかく」なんて言いますが、これは間違い!汗は汗孔、皮脂は毛穴からそれぞれ分泌しています。

毛穴と汗孔はどう違う?

汗孔は毛穴よりも高い場所(皮丘)にあるので、汗は毛穴をめがけてどんどん流れ、毛穴にたまります。皮膚表面には角質層がありますが、これが汗でふやけ、汗孔や毛穴をふさいでしまうと、汗が皮膚の表面に出ることができず、皮膚の中へたまってしまいます。これは皮膚炎や湿疹、かゆみの原因であり、同じ仕組みであせももできます。炎症などの症状を防ぐには、角質層を水で洗い流すことが有効です。

皮膚は通常ph5.2~5.8の弱酸性状態を保つことで細菌の繁殖を防いでいます。しかし、汗をかいてしまうと酸性が弱まり、菌がすみやすい環境へと変わります。また、本来水溶性の汗は、毛穴から出た皮脂と混ざり水分のみが蒸発すると、油性の汚れとなってしまいます。ここにほこりなどが加わり、酸化して固くなると毛穴を詰まらせる角栓様物質に変化します。そして皮脂が毛穴にたまることで、抜け毛や薄毛といった不健康な状態をつくりだすのです。

よって汗をかきやすいということは、それだけ薄毛を進行させてしまう恐れがあるのです。汗による頭皮の炎症や増えた細菌が抜け毛を引き起こす…といった流れですので、汗といっしょに髪が抜けるというわけではありません。

頭皮の臭いと汗は無関係

「夏は頭皮の臭いが気になって」という方も多いことでしょう。しかも、汗をかくから臭うと思われがちなのですが、実は汗そのものに臭いはありません。細菌が皮脂を分解することで嫌な臭いが発生するのです。頭皮には皮脂を分泌する皮脂腺が多く、1平方センチメートルあたり144~192個存在しています。(小鼻には96~102個、腋下には19~55個あるといわれます。)頭皮には小鼻の1.5~1.2倍の数の皮脂腺があることを考えると、多少においが気になるのもうなずけます。特に、頭皮は外気にさらされ、太陽光線を浴びると酸化し、臭いが酷くなります。

とはいっても、汗をかくことで体温調節をしている我々にとって汗を悪者にはできません。肝心なのは汗をかいた後のケアなのです。次頁ではそのケア方法を髪の猛暑対策と合わせてご紹介します。