あなたの頭皮にも!?雑菌・ダニの繁殖

パントガール購入ボタン

あなたの頭皮にも!?雑菌・ダニの繁殖

頭かゆい人

人は誰しも頭皮にたくさんの雑菌やダニをもっています。それらは頭皮や毛穴に潜り込み、毛根の栄養を吸い取り、異常繁殖することも。頭皮や髪の毛へ悪影響を与えることもある、この雑菌やダニについて解説していきます。

皮膚常在菌

マラセチア、皮膚ブドウ球菌、アクネ桿菌などの約20~30種類の雑菌類は「皮膚常在菌」といわれ、常に私たちの皮膚に生息しています。
皮膚常在菌は頭皮の脂やフケを食べて増え、毛髪の成長のサイクルを乱します。これが時に異常な脱毛や薄毛を引き起こします。

皮膚常在菌は1c㎡当たり数十万から数百万個生息し、一定のバランスを保ちながら皮膚細胞の生命活動と関わっています。
その皮膚の中でも頭皮では、髪の毛がある関係で他の部位よりも多くの皮膚常在菌が存在します。
これらの皮膚常在菌は皮脂成分、古くなりはがれた皮膚、汗などを栄養として脂肪酸を生成し、皮膚の保湿や紫外線の抑制、活性酸素の分解などを行っています。
また、バイオフィルムとして雑菌や病原菌の定着侵入を防いでいます。

人間の腸内には無数の細菌が生息し、善玉菌と悪玉菌とがバランスをとりながら腸内の健康を維持しています。そして近年では、腸内の善玉菌を増やす両方が医学的に注目されています。
この善玉菌と悪玉菌のバランスは頭皮の皮膚常在菌の中にも存在し、バランスの崩れは頭皮のトラブルにつながります。
善玉菌は保湿物質の生成、シミ・ソバカスの抑制、活性酸素の分解などに関わり、雑菌や病原菌やダニなどの侵入を防いでいます。

もし善玉菌が減り、悪玉菌が増えると、皮膚の角質細胞はダメージを受け、乾燥肌やアトピーなどの肌トラブルを起こしやすくなります。よって、善玉菌が育ちやすい環境を整え、菌のバランスを調節することが肌トラブルの対策になります。

ニナゾールシャンプー

髪には必要な皮膚常在菌

頭皮にも多く生息している皮膚常在菌ですが、これらが分泌する酵素 リパーゼがつくる脂肪酸は、頭皮細胞や毛母細胞の発育に大きく関わっています。
バランスのとれた皮膚常在菌は頭皮の代謝を高め、適度な皮脂量を保ちます。そのためには頭皮のスカルプケアが重要です。
皮膚常在菌の一種のマラセチア・フルフルというカビは、フケの増加に関わっています。マラセチアは皮脂が多いと繁殖し、頭皮の新陳代謝をアップさせます。このサイクルが通常以上のスピードで進むとフケが大量に出るという訳です。
このカビ(真菌)は特に20~30代の男性が多く持っています。

良好な状態の頭皮
善玉常在菌が汗や皮脂を食べ、皮脂膜を形成し天然のクリームとして肌をうるおしている状態。悪玉菌が少ない。
荒れている頭皮
皮脂膜の層が壊れ、善玉常在菌が減少。頭皮が乾燥し、そこにすみついた悪玉常在菌により肌荒れ・炎症を起こしている。

アクネ桿菌は誰の毛穴にもいて、肌を弱酸性に保つ細菌です。しかし、毛穴に角栓が多く詰まっていると、ダニがそれを食べ、毛穴の入り口付近で大量に増殖してしまうことがあります。
男性ホルモンの作用で皮脂の分泌量が増えるときもアクネ桿菌が異常繁殖することがあるのですが、これは頭皮トラブルの原因になります。
正常な状態でも少数は存在しているアクネ桿菌ですが、増えすぎると免疫力の低下やアトピーなどの病気を引き起こす厄介なものになります。

そういえば、芸能人の渡辺直美さんは4日に一度しかシャンプーをしないそうですね。

渡辺直美

アクネ桿菌を増やしすぎないためには、シャンプーで頭皮の汚れと菌を洗い流して清潔に保つこと、保湿することが必要です。

女性でも使える『ニナゾールシャンプー』で頭皮環境を整えましょう

ニナゾールシャンプーには抗真菌作用のあるケトコナゾールという成分が含まれています。頭皮の皮脂が過剰に分泌される脂漏性皮膚炎は真菌(カビ)も原因の1つとなります。この真菌が頭皮にいることでフケや抜け毛の原因ともなるため真菌を抑えてあげることは育毛にもつながります。

抗真菌作用
真菌の増殖を抑え、炎症を鎮めます。常在菌として存在するマラセチアは真菌の一種です。皮脂の多いところで増殖し肌に炎症をおこします。
抜け毛を防ぐ効果
頭皮の炎症が抑えられることで抜け毛の量が減少します。
フケの予防や改善効果
毛穴の状態を整えフケを予防します。かゆみも抑えられます。

  • 投稿日: 2014年06月13日
  • カテゴリー:
  • タグ: