髪の毛にいい食べ物で夏のダメージ髪対策・薄毛対策!

パントガール購入ボタン

髪の毛にいい食べ物で夏のダメージ髪対策・薄毛対策!

アボカド

夏は髪にダメージを受けやすい季節です。だって、汗はかくし紫外線や湿気に晒されるし、髪にとってはストレスだらけ!
髪は女の命っていうくらい、女性にとっては大切なパーツですから、髪の毛を伸ばすならやはり綺麗な状態をキープしていきたいですよね!

そのためには日々のケアは欠かせません。トリートメントやブラッシングなど、外からのケアも重要ですが、内側から綺麗にしていくことも忘れてはいけません。

育毛 サプリなどもありますが…やっぱり髪にいい食べ物を!

特に髪を夏のダメージから守る栄養をもった食べ物の摂取は是非取り入れて欲しいポイントです。
では具体的にどのような栄養・食べ物がダメージ対策に有効であるかを解説していきます。

抗酸化物質、ビタミンA・Eが豊富【アボカド、キウイフルーツ】

ビタミンAは頭皮の健康を保ち、ビタミンEは髪の毛の成長を助けます。疲れた現代人の強い味方である抗酸化物質が含まれるのも魅力。アボカドやキウイフルーツといった緑色のフルーツからはこのような嬉しい組み合わせの栄養を摂ることができます。また、アプリコットからも同じタイプの栄養補給ができるのでおすすめです。これらのフルーツをスムージーにして摂るのも、夏ならではの楽しみ方です。それぞれを他の野菜やフルーツと組み合わせて色々なスムージーに挑戦するのもいいですね。

髪のコシをつくる銅が豊富【キノコ類】

銅は髪のコシをつくり、抜け毛の原因をやっつけてくれます。銅はアスパラガスやゴマにも多く含まれるので、これらを組み合わせた献立にすると鬼に金棒です。おすすめは野菜とキノコのソテーです。

強い髪をつくる鉄分、シリカ、亜鉛、ビタミンB7が豊富【オーツ類、玄米】

毎日の食事に是非取り入れて欲しいのがこのオーツや玄米です。鉄分やシリカなどは髪を強化し、よりしなやかなものにします。

髪の材料といえばタンパク源【牛乳、卵】

タンパク質は美しい髪をつくるための貴重な材料です。新しい髪をつくるだけでなく、頭皮の感染症の予防や健康維持にはタンパク質が欠かせません。タンパク質は色々な食べ物から少しずつ摂るのがより望ましいので、豆類、大豆、チーズなどもおすすめです。

ちょっと裏ワザ【ビールって髪にいいシャンプーになる!?】

あまり知られていないようですが、ビールは髪に効く成分がたっぷり含まれます。もともとが大麦であるビールには栄養素やビタミン類が豊富です。少々荒技にも見えますが、髪質を整え、ダメージをケアする効果に優れた方法で、普通のシャンプーやリンスよりも美髪効果があるといいます。

また、ビール+リンゴ酢の手作り洗浄液も効果バツグンで、市販のシャンプーやコンディショナーに含まれる化学残留物の洗い残しをすっきり取り除くことができます。この手作り洗浄液で髪をすすぐだけでいいんです。ビールで洗髪って、口にするものを粗末にしている感じもしますが、髪と頭皮のスペシャルケアとして、ときどきはお試しいただきたい方法です。


  • 投稿日: 2014年06月23日
  • カテゴリー:
  • タグ: