髪と女性ホルモン

パントガール購入ボタン

髪と女性ホルモン

女性ホルモン

抜け毛や薄毛といった髪の毛の異常にはさまざまな原因があります。
前回 加齢にともなう髪の老化 の中で、女性ホルモンのことに少し触れましたが、今回はそこを詳しく見てみましょう。

年齢とともに「ツヤがなくなる」「髪の毛が細くなる」「パサつく」といった症状がよく現れるようになります。
もちろん、加齢だけが原因でなく、パーマやカラーリングによって起こる場合もあります。

女性ホルモンは卵巣から分泌されています。卵胞ホルモン エストロゲンと黄体ホルモン プロゲステロンの2つですね。
これらは30代以降、分泌量が減っていきます。髪の毛だけでなく、肌や体力にも変化を感じるようになります。

髪にどう影響するのか

主に髪に作用するのはエストロゲンです。エストロゲンは毛乳頭に作用してかみの成長を抑制します。よって、髪が成長して抜け落ちるまでの器官を長くしているのです。男性よりも女性の方が髪を長く伸ばすことができるのも、このためです。エストロゲンが不足すると、抜け毛や髪のパサツキが目立つようになります。頭髪と女性ホルモンには切っても切り離せない関係があるのです。

ホルモンバランスの崩れは危険

女性ホルモンが髪を保つのなら、体内に女性ホルモンを注入すればいい!と思われる方がいらっしゃるかもしれません。確かに、女性ホルモンが多くなれば、脱毛が防げそうですが、実際はそれほど単純なものではありません。

注射などで無理にホルモンを増加させると、体内のホルモンバランスが崩壊してしまいます。ホルモンバランスの崩れは身体にさまざまの害を与えることになります。

安全なホルモンの取り入れ方

大豆食品

前回もご紹介しましたが、女性ホルモンに近い大豆イソフラボンの摂取が有効です。大豆には髪をつくる上で欠かせないタンパク質も豊富です。
是非、豆腐や納豆などの大豆食品を日々の食事に取り入れてみてください。


  • 投稿日: 2014年06月12日
  • カテゴリー: 育毛
  • タグ: