肥満はハゲる?万病の元、肥満は頭皮にも悪いらしい…

パントガール購入ボタン

肥満はハゲる?万病の元、肥満は頭皮にも悪いらしい…

肥満

ハゲている人は肥満であることが多く、肥満の人はハゲていることが多い…というのを聞いたことがないでしょうか。実は薄毛の予防はメタボリック症候群の予防になると言われるほど、この2つは密接な関係にあるのです。

肥満と皮脂

肥満とは、体内に脂肪が過剰に蓄積し、脂肪細胞がおおきくなった状態です。脂肪細胞が大きくなると、何種類もの悪玉ホルモンが分泌され、生活習慣病を起こすリスクも高くなります。例えば心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病といった大きな病気をする可能性も跳ね上がるのです。

そして、これらの重い病気を免れたとしても、肥満であることで引き起こしやすいのが脂漏性脱毛。これは、皮脂腺から頭皮へ過剰分泌された皮脂が毛穴を塞いでしまい、毛根などに炎症を起こしてしまう症状です。炎症を起こすと頭皮が非常にデリケートになっているため、シャンプーも選ばねばなりません。刺激の強いシャンプーは避け、低刺激のシャンプーで固着した油脂を優しく除去しましょう。

肥満と汗

肥満の人は普通体型の人よりも汗をかきやすくなっています。汗をかくということは、同時に皮脂も分泌しているのです。そうすると、毛穴周辺部や毛根に炎症を起こしやすくなります。

ただし、頭皮を清潔にする目的で何度もシャンプーをすれば、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまい、余計に皮脂の分泌が酷くなります。皮脂には頭皮に菌の侵入を防いだりと大切な役割もあります。よって、シャンプーでも洗い流しすぎには気を付けねばなりません。

肥満と悪玉コレステロール

肥満になると体内に悪玉コレステロールも溜まりやすくなります。悪玉コレステロールは血液の流れを悪くし、狭心症や動脈硬化のリスクを高めますし、頭皮環境も悪くなります。血流が悪くなれば、毛細血管まで血液が上手く運ばれません。つまり、髪に必要な栄養の供給もできなくなってしまいます。これが抜け毛を引き起こすのです。

髪を守り、健康に育てるためには肥満は絶対に避けねばなりません。寝る前には何も食べない、アルコールを控える、適度な運動を心がけるなど、日頃から肥満を予防することは、髪を大切にすることにもつながるのです。


  • 投稿日: 2014年06月11日
  • カテゴリー: 脱毛
  • タグ: