カラーやパーマによる髪のダメージ

パントガール購入ボタン

カラーやパーマによる髪のダメージ

カラーリング中の女性

髪をオシャレに彩るカラーリングやパーマですが、髪にダメージを与えるのは何故なのでしょうか。それぞれの仕組みを知り、自分の髪に合った方法を見つけましょう。

カラーリングの仕組み

ヘアカラーリング剤には大きく分けて3つのタイプがあります。それぞれ特徴がありますが、色落ちや髪へのダメージを考慮して、自分の髪に適した方法を選びましょう。

カラーリングの仕組み

1.ヘアカラー(永久染毛剤)

多彩な色をつくることができ、1~2ヶ月は色が保てるので、人気です。永久染毛剤は1液と呼ばれるアルカリ性の染料が髪の内側まで浸透し、化学変化で染料を定着させるものです。同じく2液という酸性の液で髪の色素を薄くします。1液と2液を混ぜると中和してしまうため、混ぜるのは付ける直前です。この髪のキューティクル(表面)や内部へ浸透して、タンパク質の結合力を弱めることが、髪へのダメージとなります。それに、アレルギー反応の出る人もいるので、毎回のパッチテストは欠かせません。

  • 色落ち:なし
  • 色持ち:1~2ヵ月
  • ダメージ:大

2.ヘアマニキュア、カラーリンス(半永久染毛剤)

半永久染毛剤は酸性で、髪の表面付近に浸透して髪のタンパク質と結びつき、定着させる染料です。シャンプーの度に色が落ちるので、2~3週間で元の髪色に戻ってしまいます。キューティクルをコートするので、髪にツヤと潤いを与える効果もあります。髪へのダメージも、アレルギーの反応もほとんどありません。ただ、地肌や頭皮についた染料が落ちにくく、枕や襟元に色がついてしまうことがあるので要注意です。

  • 色落ち:あり
  • 色持ち1~2週間
  • ダメージ:ほとんどなし

3.スプレー、マスカラタイプ(一時染毛剤)

一時染毛剤に使われるのは主に顔料で、髪の表面に一時的に染料を付着させます。髪の内側に浸透しないので、シャンプーですぐ取れ、髪へのダメージもありません。手軽な方法ですが、汗や雨で色落ちしやすいのが難点です。

  • 色落ち:あり、水に弱い
  • 色持ち:洗い流せばすぐ落ちる
  • ダメージ:なし

ブリーチ

ブリーチは髪の色を明るくしますが、染めるというよりも脱色するためのものです。髪の内側に浸透してメラニン色素を分解します。何度も繰り返すと髪の中が空胞となり、乾燥しやすくなってしまいます。また、皮脂も奪われるので髪がカサカサに。髪にはあまり優しくない製品です。

植物性の染毛剤 ヘナ

ヘナ(ヘンナ)というハーブは、古くから髪を染める天然染毛剤として使われてきました。資料によると、染毛剤は紀元前から登場しており、これはヘナを指していると考えられています。ヘナには染毛の他にトリートメントの効果もありますが、天然成分なので効果の個人が大きいようです。また、商品化されたものでは、化学物質を添加しているものもあるので、表示をしっかりと確認しましょう。

こうして見ると、いちばんダメージの少ないのは一時染毛剤ですが、汗や雨に弱いのは困りものですね。そうすると、1~2週間の色持ちとダメージの少なさを考えれば、使いやすいのはヘアマニキュアやカラーリンスでしょうね。ヘアマニキュアなら月2回ペースでも使えますし、カラーリンスに至っては毎日使うこともできます。

パーマの仕組み

パーマは、パーマネントウェーブの略称で、永続性のあるウェーブという意味を持ち、人工的にウェーブを作り出すことを指します。

パーマの歴史

余談ですが、パーマの歴史からご紹介します。ドイツ人のカルル・ネツトレが1905年に発明した伝熱がパーマの起源です。日本では大正時代にこの伝熱パーマの技術が伝わりました。そうして流行したパーマヘアですが、当初は髪が焼けたり、切れたりと、まだまだ改良が必要な粗末なものでした。

その後、1930~1940年頃、アメリカ人のエバレット・マグドノーが発表した、熱を加えないコールドパーマが主流となりました。液の成分こそ違いますが、1液、2液を使う現在のパーマと何ら変わりません。それからというもの、髪へのダメージの少ない液が開発されていきました。

パーマの仕組み

パーマの仕組み

髪の内側は、束になったコルテックス(毛皮質:長い繊繊維状のタンパク質)があります。パーマ液はコルテックスよりもさらに内側にあるシスティン結合①に作用し、髪にウェーブをかけたり、ストレートにしたりします。

はじめにアルカリ性の1液を塗布②し、ロッドで髪を曲げた状態③にして、システィン結合を切断します。

次にロッドを巻いた状態で、酸性の2液を塗布します。1液によって切れたシステイン結合を再び結合させます④こうして髪にウェーブがかかった状態で固定されます。

ストレートパーマにも同じ仕組が採用されています。まっすぐでない髪の内部のシスティン結合を切断して、まっすぐにしてからもう一度結合させるのです。

パーマのダメージ

上記の通り、パーマ液は髪の表面のキューティクルをはがし、髪の内側まで浸透させ、作用します。髪の奥の奥にまで刺激が及ぶのですから、当然ダメージも与えています。

ただ、ダメージには個人差があり、太くてしっかりした髪の持ち主なら、あまりダメージを受けずにすみます。逆に、髪の細い人は、大変なイメージを受けてしまう可能性があります。パーマをかける目安は1~2ヵ月おきに1回ですが、髪質によっては頻度を低くする必要があります。

それに、パーマとカラーリングを同時にする方が時々いらっしゃいますが、髪へのダメージが大きく、あまりおすすめできません。最低でも2週間は間を空けるべきです。

カラーリングとパーマが何故髪にダメージを与えるのかは分かっていただけましたか?
髪のオシャレは魅力的ですが、髪のことを考えると回数を抑えたほうが良いですね。そして、パーマ・カラーリング後にはトリートメントなどで、髪を保護するなど、十分なヘアケアに努めましょう。