世界の人の髪の毛の色

パントガール購入ボタン

世界の人の髪の毛の色

髪色 画像

髪の色の種類(髪色一覧)

世界には様々な人種の人が暮らしています。人種が違えば髪の毛の色も様々。世界には大きく分けて4種類の髪色があります。

黒髪

blackhair

黒髪は世界で最も多い髪色です。東アジア、アフリカ、南アジア、ネイティブ・アメリカン、中東、地中海沿岸、太平洋諸島の出身者はほとんど黒髪の民族です。民族によって髪質や髪の太さが異なりますが、東アジアにはストレート、アフリカにはカールヘアーが多く見られます。毛髪の太さは中程度で、量は約10万本が平均です。
栗毛

chestnuthair

黒髪の次に多いのが栗毛の人々で、世界のあらゆる地域にみられます。黒髪と同様、毛髪の太さは中程度で、量は約10万本が平均です。

 

金髪

goldenhair

世界の全人口の中で1.7~2.0%しかいないのがこの金髪です。金髪には白色に近いプラチナブロンドやトゥーヘアード、暗い色のダークブロンドに至るまで細かく種類分けされています。天然の金髪は毛髪の太さは最も細いですが、量は他の色のものより多く、約14万本が平均です。

 

赤毛

redhair

赤毛は世界的に最も珍しい髪色です。主にスコットランドやアイルランドに多くみられます。金髪よりもさらに少なく、遺伝子の突然変異によって起こる劣性遺伝だといわれています。天然の赤毛は最も太く、量は最も少ない9万本が平均です。

 

自分に似合う髪色がいちばん

パントガールの口コミをチェックする

このように世界には色々な髪色の人がいます。欧米の人からすると、日本人の髪を染める行為が不思議に映るそうです。「どうしてキレイな黒髪をわざわざ金髪や茶髪にするの?」と。どうやら、日本人がブロンドヘアーなどに憧れているように、欧米の人も日本人の黒髪を評価してくれているようですね。

l201209260800

髪を染めればそれだけ髪も傷んでしまいます。長く豊かな自毛を保持していくには、若い頃に髪で遊びすぎない必要があります。それに、最近は流行りの髪色として、黒髪の良さが見直されていますよね。一度明るい髪色にしてしまった人でも「髪色戻したい」という衝動にかられるみたいですね。
そして黒髪のままオシャレを楽めば、それだけ自毛の健康と美しさを保てますよ。


  • 投稿日: 2014年06月9日
  • カテゴリー:
  • タグ: