美肌効果だけじゃない!育毛にも大活躍のコラーゲン

パントガール購入ボタン

美肌効果だけじゃない!育毛にも大活躍のコラーゲン

コラーゲン

シワを防いだり、美肌に良いとされるコラーゲン。

よく、芸能人の方も日頃からコラーゲン摂取していることを公言していますよね。美容家のIKKOさんも美容コラーゲンドリンクを飲んでいるそうです。

IKKO

そんなコラーゲンですが、実は髪にも良い影響をもたらしてくれるというのです。

タンパク質の一種であるコラーゲンは、生体内にある10万種のタンパク質のうちの30%程を占めています。コラーゲンは皮膚だけでなく、筋肉、内臓、骨、関節、目、髪といった全身の組織をつなぎとめる役目を持っています。
コラーゲンには30種類以上あることが分かっています。骨、皮膚などそれぞれに含まれるコラーゲンは性質や型もさまざまです。
コラーゲンを食べると肌に良いというのは、皮膚の真皮の70%がコラーゲンでできているためです。
そして毛根があるのも真皮。コラーゲンを摂れば真皮も丈夫になり、抜け毛の予防効果があることが実験でも証明されています。

中には「コラーゲンは胃酸で分解されるので、食べても効果などないのでは?」という意見もありますが、通常のタンパク質で摂るよりも、コラーゲンで摂ったほうが、その後のコラーゲンの生成が多いということも分かっています。
しかし、抜け毛の予防効果は認められていますが、現在、医学的な「発毛」の効果はまったく証明されていません。

一方、アメリカでは「毎日14gのコラーゲンを2ヵ月飲み続ける」実験が行われ、髪の太さが10%アップするというデータも残っています。

また、女性誌で何度も取り上げられている「美容のためにコラーゲンを摂ると、髪にハリやツヤが戻った」という話もありますから、やはりコラーゲンには髪の毛を太くしっかりさせる効果があるというのには信憑性がありそうですね。
ただし、前述の実験ではコラーゲンの摂取をやめると髪の太さが元に戻ってしまったそうです。継続的な摂取が必要なようです。

そして、脱毛や白髪と関係しているコラーゲンは、「17型コラーゲン」であることが2011年2月に発表されています。
ですが、この実験ではコラーゲンが豊富な食品を摂っても、17型コラーゲンが増える訳ではなく、抜け毛や白髪を防ぐ効果はないとの結果が出ています。医学的にはまだまだ曖昧な分野なのです。

人間の身体は、骨の90%、皮膚の70%をコラーゲンが占めています。ですから、コラーゲンの摂取は健康と美容に直結している訳ですが、医学的な発毛効果を提唱するにはまだまだデータが乏しいといえます。でも、抜け毛の予防効果は十分期待できます。

健康のためのコラーゲンの摂取推奨量は1日5g。食品に置き換えると鮭250g、手羽先4本、ちりめんじゃこ22gに相当します。

手羽先

健康、美容、抜け毛予防のために是非、コラーゲンを積極的に摂取する食生活を心がけてみてください。


  • 投稿日: 2014年06月13日
  • カテゴリー: 育毛
  • タグ: