アルダクトン(スピロノラクトン)って血圧の薬だけど、毛生え薬でもあるの?

パントガール購入ボタン

アルダクトン(スピロノラクトン)って血圧の薬だけど、毛生え薬でもあるの?

aldactoneアルダクトン

アルダクトンは高血圧の治療に使う血圧を下げる薬?

アルダクトンは女性ホルモンのはたらきをもつスピロノラクトンを配合した飲むタイプの育毛剤です。このスピロノラクトンとは、もともとは降圧剤として利用されてきた医薬成分です。

ですが、近年、AGA(男性型脱毛症)の症状を予防する効果が認められ、薄毛治療にも広く利用されるようになってきました。

アルダクトンの主成分であるスピロノラクトンには、女性ホルモンと同じはたらきがあります。
AGAは男性ホルモンDHTが活性することで進行しますが、女性ホルモンはこの男性ホルモンに対して作用します。つまり、DHTのはたらきを抑え、脱毛をブロックしてくれるんです。
ちなみに、スピロノラクトンはDHTそのものを阻害するのではなく、DHTが毛包と結びつくのを防ぐはたらきをします。
よって、毛包が萎縮することなく、正常なサイズまで成長するようになるのです。

アルダクトンは利尿剤でもある?

アルダクトンは降圧剤ですと紹介しましたが、具体的には「水分を排出して血圧を下げる」薬です。
高血圧症の他には、浮腫や心不全の治療にも使われています。

アルダクトンはニキビ治療にもいい?

前述のように、アルダクトンは男性ホルモンDHTをおさえる薬です。この作用はニキビ治療にも応用され、効果が認められています。

高血圧症の薬っていうけど、副作用はどうなの?

アルダクトンは風邪薬や胃薬と同じような医薬品の一種に分類されます。医薬品ですから、当然副作用が起こる可能性もあります。

主な症状ですが、湿疹、かぶれ、皮膚障害、乳房痛などが報告されています。これらはいずれも、服用をやめればすぐに回復する程度の軽い症状です。万一気になる症状があれば、すみやかに医師の診断を受けてください。
また、もともとは降圧剤として使われていたものですから、低血圧の方や他の降圧剤を飲んでいる方は血圧が下がりすぎてしまう恐れがあります。該当する方は、こちらも医師にご相談されるようにしてください。


  • 投稿日: 2014年06月14日
  • カテゴリー: 育毛
  • タグ: