ストレスや加齢による毛質劣化

パントガール購入ボタン

ストレスや加齢による毛質劣化

ストレスや加齢による毛質劣化

「細くなる」「コシがなくなる」「切れやすくなる」といった毛質の劣化は放っておくと薄毛を進行させてしまうことになります。
こうした変化はストレス、加齢、紫外線などが原因となって起こります。

特にストレスが身体に与える影響、特に頭髪へのダメージは相当なものです。
ストレスを抱えると自律神経が狂い、ホルモンのバランスが崩れます。そうして栄養が頭皮まで行き渡らなくなり、毛質の劣化を引き起こしてしまうのです。
こうならないためには、ストレスを感じない生活、ストレスを感じてもそれを発散できる生活を贈ることが必要です。

毛質の劣化というと、加齢の影響もあなどれません。
頭皮や頭髪は加齢による血行不良で老化してしまうんです。
血液がきちんと運ばれなければ、毛母細胞も正常に機能しなくなります。
老化といえば、高齢になればなるほど白髪が生えてくるはずですが、白髪染めを繰り返すことでも髪質は弱く、脆くなっていきます。
また、加齢は食物の消化・吸収にも影響を及ぼします。
消化・吸収が正常に行われなくなると、当然髪をつくるビタミン類やタンパク質も上手く取り込めなくなります。 このように髪に栄養が行き渡らなくなることも髪の劣化の原因です。

ストレス、加齢による毛質の劣化は30代を境により目立ってあらわれるようになります。
主な症状は切れ毛や抜け毛の増加、髪のコシがなくなっていくことです。
この髪の劣化の予防策は、とにかく髪へ負担を与えないこと。
特に髪には適度な潤いを与え、乾燥を防ぐ必要があります。これは、乾燥が髪の老化を早めるためです。
ヘアケアアイテムなどを活用し、小まめに髪に潤いを補いましょう。
また、紫外線はお肌の大敵であるのはもちろんのこと、髪にとっても悪者でしかありません。

ストレスや加齢による毛質劣化

紫外線は髪の構成素であるタンパク質をことごとく酸化させ、破壊します。
そのため、日頃から日傘や帽子を上手に使い、しっかりと紫外線を防ぐことが大切です。
そして毎日の食生活の改善も毛質劣化の予防になります。

ストレスや加齢による毛質劣化

髪は当然のことながら、自分たちが食べたものからできています。タンパク質を赤身の肉や大豆から、ミネラルを海藻類から摂るなど、バランスのよい食事を心がけましょう。

ご購入はこちらへ