産後の脱毛症(分娩後脱毛症)

パントガール購入ボタン

産後の脱毛症(分娩後脱毛症)

産後の脱毛(分娩後脱毛症)

女性にとって人生最大のイベントとも言える出産ですが、産後には想像以上に身体に変調が起こります。
そのひとつが脱毛症なのですが、出産後2~3ヶ月で始まる抜け毛のことを産後脱毛症分娩脱毛症といいます。
これは個人差はありますが、出産経験のある女性ならほぼすべての人が経験します。
心配になるほど一気に抜け、髪質や毛量が急激に変化することもありますが、健康な方にもかなり高い確立で起こる症状です。
とは言っても、シャンプーのたびに大量に抜けますし、ボリュームもかなり減るため、気になる方がほとんどでしょう。
ママとして毎日赤ちゃんのお世話に励み、充実した日々を送っていても、やはり女性として「若々しくキレイでありたい」と思う気持ちはあるものです。

産後の脱毛症の発症期間は

産後の脱毛症は一時的な生理現象なので、特に治療をせずとも自然と治ります。
この脱毛症が回復していく経過ですが、かなり個人差があり、どのくらいの期間で治ると一概には言えません。
抜け毛が始まるのが産後2~3ヵ月で、産後半年頃にピークを迎えます。その後は徐々に回復していき、赤ちゃんが1歳になる頃にはほぼ収まっているケースが多いようです。
もっと回復がゆるやかな人でも、赤ちゃんが1歳半になる頃には完全に治った!と感じています。そうすると、産後抜け毛は10ヵ月~1年半あれば自然に治るものということがわかります。

産後の脱毛症の原因は

では何故この脱毛が起こるのでしょうか。 一番の原因はホルモンバランスの乱れです。女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンが2週間ごとにどちらかが優位になるカタチで規則的にはたらいています。
しかし、妊娠中はプロゲステロンだけが優位にはたらいている状態です。

産後の脱毛(分娩後脱毛症)

産後はまたもとのシステムに戻るのですが、このときエストロゲンの急激な増加が起こります。身体がそれについていけず、ホルモンバランスが乱れた結果起こるのが、大量の抜け毛です。
これはそれまで成長期だった髪が一気に休止期に入ってしまうからですが、抜け毛の程度は元の髪の長さや量、ヘアケアの状況でも差が出てきます。
前述の通り、最短10ヵ月で自然に治るものですが、その間分け目やボリューム不足が目立ってしまうので、医師に相談される方も多いようです。
パントガールは、この産後の脱毛症の改善にも非常に効果があります。ですが、妊娠中や授乳中の方の使用は禁じられていますのでご注意ください。

ご購入はこちらへ