びまん性脱毛症(女性型脱毛症)

パントガール購入ボタン

びまん性脱毛症(女性型脱毛症)

びまん性脱毛症(女性型脱毛症)

びまんとは瀰漫と書き、全体のことを指します。
頭部の広い範囲に均等に起こり、全体の髪の毛が抜け、生えている毛の太さも細くなりボリュームを失います。特に頭頂部では男性の脱毛ほどではありませんが、皮膚が透けて見えることもあります。
年齢的には40代以降の女性によく見られますが、若いからといって安心できるものでもなく、成人女性の約40%以上が生涯に少なくとも一度は発症するといわれています。脱毛の症状は休止期毛(⇒毛周期)の割合が増えることで進行します。

びまん性脱毛の原因は

ストレス
女性の社会進出で、女性も男性並みにストレスを受ける機会が増えました。仕事でのストレスはもちろん、育児や離婚などの精神的ストレスは薄毛を急激に進行させる恐れがあります。
ダイエット
栄養失調状態になるほどの過度なダイエットは毛髪の組織にも深刻な影響を及ぼします。必要な栄養が不足すれば、成長期毛の成長を妨げてしまいます。結果、休止期毛の割合が増え、症状が進みます。
加齢
細胞の老化、動脈不全が進むと、毛包が消えてしまいます。 個人差はありますが、60歳を過ぎるとこうした脱毛の症状はどの女性にもあらわれます。
ピル(避妊薬)
ピルの投与中は身体が妊娠したときに近い状態になります。(⇒産後の脱毛)女性ホルモンの割合の変化により、一時的に休止期毛が増えてしまうのです。
ヘアケア
1日に何度もシャンプーしたりすると、頭皮は界面活性剤などの刺激をたくさん受けることになります。ドライヤーやブラッシングでも頭皮を痛めますし、ムースやジェルの付けすぎもよくありません。
ご購入はこちらへ